クリスマスプレゼントの歴史と人気のプレゼントとは

人気のクリスマスプレゼント

クリスマスプレゼントは、贈るのも、もらうのも幸せな気持ちになります。何を贈るのか考えるだけでもワクワクします。恋人同士なら、女性にはやはりアクセサリーや花、男性はネクタイ、時計、小物類が喜ばれるようですが、友人同士なら、予算5000円程度の実用品が多いようです。

クリスマスプレゼントには、それ程ゲンを担ぐものはありません。ただし贈る相手との親密度によって考えた方がいいものはあります。例えば、高価なブランド品や、手の込んだ手編みのセーターやマフラーなどは恋人同士や家族ならともかく、そうでなければもらった方は精神的に負担になってしまうでしょう。

クリスマスプレゼントで思い浮かべるのがO・ヘンリーの「賢者の贈り物」という名作でしょう。この小説は本当の贈り物とは、相手のことを想って心をこめて贈るもので、お金ではないと言うことを教えてくれます。クリスマスがイベント化してしまっている現代の日本でも、原点に立ち返って考えてみる時が来ているのかもしれません。


posted by クリスマスプレゼント at 00:17 | 人気のクリスマスプレゼント

クリスマスプレゼントの歴史

クリスマスプレゼントを贈る習慣は古代ローマ帝国の時代から続いているそうです。日本ではキリスト教という宗教を越え、12月の大きなイベントの1つとなっています。また家族のプレゼントが大きな意味を持つ西洋と違い、恋人や友人とクリスマスプレゼントを贈りあうことが多く、家族は少なくなっています。

クリスマスプレゼントに何を贈れば、相手が喜んでくれるのか、ということは頭を悩ませる問題です。アンケートによると、女性はブランドのアクセサリーや花、男性はネクタイや時計、小物類など実用的なものが多いようです。予算はあまり見栄を張らず、できる範囲で考えましょう。

クリスマスプレゼントとして人気の品はよくテレビなどでも紹介されていますが、では贈らない方がいいものと言うのはあるのでしょうか。あまりこだわる必要はないのですが、高価なものや、手作りの品を送るときには、もらった相手が負担に思わないかどうかよく考えてから贈るようにしましょう。
posted by クリスマスプレゼント at 00:17 | クリスマスプレゼントの歴史

クリスマスプレゼントは誰に贈る?

クリスマスプレゼントを誰に贈るのかと言うと、日本と西洋、アメリカでは大きな違いを見せています。外国では家族に贈る人が1番多いのですが、日本では、恋人や、友人同士で贈りあうということが多いようです。これは日本でのクリスマスが既に宗教から離れてしまっていることと関係があるかもしれません。

クリスマスプレゼントの予算は贈る相手が誰なのかと言うことで、かなり差が出ています。恋人に贈る場合は、ブランド品のアクセサリーやネクタイや時計など天井知らずな面がありますが、友人同士の場合は、小物類やフラワーバスケットなど5000円程度の品物が選ばれているようです。

クリスマスプレゼントに贈るとまずいものと言うのはあるのか、というと、実はそれ程ありません。ただ、よく知っている相手ならいいのですが、余り親しくない相手に香水や化粧品を贈るのはちょっと難しいかもしれません。せっかく贈っても趣味に合わなかったということもあるからです。

クリスマスプレゼントで一番大切なこと、それは贈る相手のことを一生懸命に考えて選ぶことであって、品物の値段の上下ではありません。心をこめて贈れば、高価な品物ではなくてもきっと相手に気持ちは伝わるはずです。きれいごとのようですが、心がこもっていない品はもらったときに分かるものです。
posted by クリスマスプレゼント at 00:17 | クリスマスプレゼントは誰に贈る?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。